寄り付き、引け、ザラバのそれぞれのやり方

株式相場では株式の価格は瞬時に変化します。日本の株式市場の取引は9時に開き15時に閉まります。但し11時から12時30分までは市場が一旦昼休みとなります。この昼休みの時間を挟んで前半を前場、後半を後場と言います。この前場と後場のそれぞれの開始時間を寄り付きといい、終了する時間を引けと言います。因みに後場の終りは大引けと言います。そしてこの間の相場が動く時間帯をザラバという言い方をします。

ザラバ中は時系列で相場の価格が推移していきますが、終値から次の始値の間までに株式価格が変化して、前回の終値と違う価格で始まることが多いのですが、このギャップを窓と言います。この窓は何故起こるのかというと、取引時間中とと取引後では、取引のやり方が違うからです。

市場が開いている間はオークション方式といって、時系列のオーダーで取引が決まり、その結果として株式価格が決定されるのですが、市場が閉まってからから次の取引時間までは板寄せ方式というやり方で価格が決定されます。終値の出た後から入った注文を板に並べていき、その売り買いを相対させていって、その結果として残った注文を始値で反映させていき、株式価格となります。ですから、昨日の終値とは違う価格で寄り付いて窓が開くということなのです。

コメントは受け付けていません。