寄り付き、引けの売買取引

株式投資では1日において前場と後場があります。株ではザラバという用語を聞くことが多いですが、これはザラにある相場という意味であり、前場の始まりや後場の終値取引以外の時間帯の事を指しています。ザラにある相場なので、珍しいこともなく良く見かける相場という認識であり、基本的にそれぞれの投資家が取引に集中するのはザラバの時間帯です。寄り付きや引けに関しては、始値と終値というものがありますが、これは板寄せ方式と呼ばれています。投資家から多くの注文が殺到することが多く、これによって最初と最後の値段が決まります。この板寄せ方式でも値段付かないときはザラバの最後の値段が終値となるので、これをザラバ引けと呼びます。特に注目すべき指標やニュースが無いときは参加者が少ないことがあり、相場がさほど盛り上がらずに出来高が少ないことがあります。こうした日にはザラバで終わることが多いです。株式の売買取引においてこのように時間帯によって呼び名が異なることを覚えておくと良いです。また、株式投資で最初と最後というのはとても重要なポイントになってくるため、自分がどのようにして1日の売買をするのかをしっかりと考えておくと良いです。

コメントは受け付けていません。