株式会社の歴史

株式会社の歴史の始まりは海外ではオランダ東インド会社が最初とされています。

オランダ東インド会社が設立されたのは1602年、国内では江戸幕府が発足する前くらいの時期です。 オランダ東インド会社の仕事のメインは船による外国との貿易です。 主に胡椒、塩、香辛料などを外国と売買し、莫大な利益を得ていました。

しかし、当時の航海はリスクが高く、必ず航海が成功するとは限りません。 疫病や海賊、船自体が沈没難破する事も少なくありませんでした。 貿易業務自体がハイリスクである、つまり儲かる商売ではあったものの、多くの資金が必要だったのです。 そこでオランダ東インド会社は貿易の為の出資者を募り、出資者に対して出資証明証のような証券を発行します。 オランダ東インド会社が証券を発行し、資金を募り、外国貿易が成功すると出資者へ利益が還元される、これは現代の会社と株の関係に非常に近いものがあり、会社と株の始まりとされています。

オランダ東インド会社を現在の株で例えるなら、ハイリスクハイリターンな銘柄と言えるのかもしれません。 一発当たれば大きいけれど、船が帰らなければ出資したお金は0となる為です。 ちなみに国内では坂本龍馬でお馴染みの亀山社中が最初と考えられています。 株式投資の豆知識として覚えておくと、投資家に一目置かれるかもしれません。

コメントは受け付けていません。