普通株、優先株、劣後債とは何ですか?

普通株とは、最も多く取引されている普通の株式のことを指します。優先株に対して使われる言葉です。では、優先株とは何かというと、利益の分配が優先されている者を指します。一般的な株式よりも配当金が多くもらえるという特徴があります。そのために「優先」という言葉が使われているのです。その代わりに議決権がないというデメリットがあります。実際に議決権を行使することがない人にとっては大した違いはないでしょう。それを考えれば配当を多くもらえるというメリットは大きく、お金を増やすという目的だけのために株式を保有する人には適しています。あまり多く発行されていないですから、特殊なもの考える事ができるでしょう。
劣後債というのは、弁済が劣後するものを指します。債券を発行した企業が破綻したときには、資産を整理して、債権者に対して支払っていくことになりますが、その順序が劣後すると言うことになります。ですから、普通社債を持っている人に対して先に返還され、そしてその後に劣後債の債権者に返還されると言うことになります。ですから、リスクは大きいと考えられるのですが、その代わりに普通債よりも高い利回りが設定されることが多いという特徴があります。

コメントは受け付けていません。